交通事故を起こしたら

誰もが起こしたいと思わなくて起こってしまうのが交通事故で、誰もが巻き込まれる可能性があるものでもあります。 どんなに気をつけていても、ちゃんと歩道を歩いていたり交通ルールを守っていたとしても外に出て生活をしていれば可能性がなくなることはありません。

ですから交通事故にあってしまった場合にはパニックを起こさずに冷静に対応することが大切です。 まずやらなければならないことは自分に怪我がないかの確認と相手や周囲に怪我人がいないかという確認です。怪我人がいないのならばすぐに安全な場所に移動するようにしましょう。

事故現場に気がつかないで自動車が突っ込んでくるというような二次災害が起こるかもしれないので、例えば発煙筒をたいたり交通整理をするなど周囲の注意を引くようにしましょう。 しかしこれらのことは無理をすると再び交通事故の原因にもなりかねないので無理のない範囲でできることをするようにします。 警察への連絡も速やかにしましょう。

目撃者などが連絡してくれている場合もありますが、自身でも連絡をしておきましょう。交通事故の相手と話すことができる場合は精神的に余裕がある方が連絡するとスムーズに状況説明をすることができます。

警察が来て事故調査が終わったら相手の方と連絡先や保険会社の情報などを交換しましょう。 トラブルを防止するためにも本人同士が直接連絡を取り合うのではなく、保険会社を通じて話し合いをすると保障や示談交渉などがスムーズに行うことができます。

交通事故後は早めに保険会社に連絡をすることも大切です。 自動車の修理などは保険会社が確認してからでなければできませんので、保険会社に連絡するのが早ければ早いほど修理や保険金が下りるのが早くなります。

担当者には状況をしっかりと説明しましょう。相手方の保険会社の担当者からも連絡があると思いますが、その時に何か提案されてとしてもすぐに返事をするのではなく自身の保険会社の担当者と相談してから答えるようにしましょう。

過失割合や保険金の支払いなど交通事故後の処理が終了した時には示談書を交わしておくことがトラブルの防止につながります。 その時はお互いに納得できていたとしても後々に不満が出てくる場合もあります。そういったときにちゃんと示談したという証明があればその事故はすでにお互い納得して終わったことなのだということを言うことができるからです。 交通事故を起こしてしまったら警察と保険会社には必ず連絡しましょう。

ピックアップサイト

自社工事の足場には、実績ある足場販売店に
足場は現場では大切な命を守る物!足場は良い物を選んで安心・安全に工事を進めませんか

車一括査定はどこも同じ?
JADRI公式だから安心!

オーディオ買取で満足したいなら
多数の満足したという感想が届くグローバルサウンドへ

自転車保険って必要なの?と考えている方は
自転車の事故で9,000万円以上の損害賠償が発生したこともある

病院検索するなら多数の病院・クリニックが登録されているホスピタで
2006年から運営されているから登録数が多い